遺産相続は生前に行っておくことが必要です

遺産相続にはトラブルが付き物

故人が残した財産を、遺族が分配して、それを受け継ぐ遺産相続では、家族間での根深い争いに発展してしまう場合も、珍しくありません。



長年住み慣れた家や、把握している土地以外にも、所有していた貴金属や、車なども、現金化できる物は、様々ありますし、例え客観的に価値が無い物でも、遺族に取っては価値がある物である事もあります。
それを、法律に分配する事は、非常に難しい事ですし、遺産相続には、個人的な感情を絡めてしまいがちなので、トラブルに発展してしまうのです。
そのようなトラブルを予防するために有効な方法が、生前相続です。



病気な高齢などを理由に、自分の仕事に起こる遺産相続を、生前に自分の好きなように遺族に相続させる方法です。

これならば、例えトラブルが起こったとしても、自分の意志を貫く事により、その場を沈める事が可能ですし、死後のトラブルを心配する必要もありません。また、分配し切れない財産について、改めに考える事ができますし、忘れてしまっていた財産についても、自分で整理する事ができます。



財産が膨大で、法律的な手続きが大変な場合には、弁護士や司法書士に相談すると、適切な処理方法や、分配についてのアドバイスを受ける事ができるので、とても心強いです。



遺産相続をする際には、相続税が発生する場合もあるので、それらの相談については、税理士や公的機関に相談すると安心です。



トラブルが起こらないように、事前に準備する事が大切です。



    関連リンク

    • 遺産相続では借金も相続対象になります

      遺産相続では、相続人は、一身専属権を除いて全ての権利義務を包括的に承継します。つまりは、土地や財産などの資産の他に、借金を返済する義務や、連帯保証人としての地位までも全て承継するのです。...

      detail
    • 遺産相続と相続放棄について

      親が亡くなって遺産の事を調べたら、預貯金などのほかに借金も見つかったという場合があります。こうした時には財産だけ受け継いで借金は受け継がないという事はできません。...

      detail