遺産相続は生前に行っておくことが必要です

遺産相続と相続放棄について

親が亡くなって遺産の事を調べたら、預貯金などのほかに借金も見つかったという場合があります。

こうした時には財産だけ受け継いで借金は受け継がないという事はできません。



借金も相続財産の1つなのです。法定相続人の人数で借金の額を割って、それぞれが支払う事になります。



例えば100万円の借金があって相続人が2人の場合には50万円ずつ借金を返済しなくてはいけません。相続する財産よりも借金の方がずっと多い場合には、遺産相続をしないで相続放棄することもできます。

これは預貯金や不動産などの遺産を相続しないかわりに、借金も相続しない方法です。



相続放棄をするのなら相続人になる全員が一緒にする必要があります。
全員でしないと、放棄しなかった相続人が全ての遺産相続をする事になり借金も返さなくてはいけないからです。

相続放棄の手続きは相続が発生した時から3ヶ月以内にする必要があります。

手続きや相続人が誰になるかわからない場合には弁護士などの専門家に相談してみるのも良いでしょう。



相続財産の中に死亡保険金は入っていないので、相続放棄しても保険金を受け取る事ができます。



また受取人を特に指定しておらず法定相続人や相続人と指定されている場合でも受け取れます。



ただし死亡保険金の受取人が被相続人とされている場合には、相続放棄できなくなります。遺産相続については色々と法律で事細かに定められている事が多く、後から後悔しないためには専門家の力を借りることも大切です。


    関連リンク

    • 遺産相続と相続放棄について

      親が亡くなって遺産の事を調べたら、預貯金などのほかに借金も見つかったという場合があります。こうした時には財産だけ受け継いで借金は受け継がないという事はできません。...

      detail
    • 遺産相続では借金も相続対象になります

      遺産相続では、相続人は、一身専属権を除いて全ての権利義務を包括的に承継します。つまりは、土地や財産などの資産の他に、借金を返済する義務や、連帯保証人としての地位までも全て承継するのです。...

      detail