遺産相続は生前に行っておくことが必要です

子供のいない夫婦の遺産相続

子供のいない主婦が気をつけなければならないのは、夫に万が一のことがあり、亡くなった場合、何もしなくても夫の遺産を相続できると勘違いしてしまうことです。

夫が亡くなった場合、夫に親、または兄弟がいればそちらにも遺産相続の権利が発生します。
つまり妻ひとりですべてを相続することは不可能なのです。

子供がいれば、妻と子供が2分の1ずつの相続となりますが、子供のいない夫婦だからこそ、夫に遺言書を作成してもらう必要があります。



普段、仲が良い親戚関係でも、遺産相続になるとややこしくなるのが常です。泥沼にならないように前もって準備しておきましょう。



夫名義の不動産、たとえば二人が住むマンションなどの相続もすべて妻に相続させる旨を遺言書に書いておいてもらわないと、大変なことになります。



夫の親や兄弟に分けるといっても不動産を売って現金化しなければなりません。



妻は住む家を失ってしまいます。



また、夫の親、兄弟が亡くなっていても、甥、姪がいればそちらにも相続の権利が発生しますから、確実に妻がすべてを相続するには、夫に遺言書を書いておいてもらうことです。

遺言書も、手書きのものでも有効ですがより確実なのは、公正証書にしておくことです。公証役場で公証人に文言を作成してもらい、一部は自分が、一部は公証役場が保管しますので、万が一紛失しても証拠としてのこります。



遺産相続はもめることが多いと言われています。

備えておけば安心です。


    関連リンク

    • 遺産相続では借金も相続対象になります

      遺産相続では、相続人は、一身専属権を除いて全ての権利義務を包括的に承継します。つまりは、土地や財産などの資産の他に、借金を返済する義務や、連帯保証人としての地位までも全て承継するのです。...

      detail
    • 遺産相続にはトラブルが付き物

      故人が残した財産を、遺族が分配して、それを受け継ぐ遺産相続では、家族間での根深い争いに発展してしまう場合も、珍しくありません。長年住み慣れた家や、把握している土地以外にも、所有していた貴金属や、車なども、現金化できる物は、様々ありますし、例え客観的に価値が無い物でも、遺族に取っては価値がある物である事もあります。...

      detail