遺産相続は生前に行っておくことが必要です

遺産相続では借金も相続対象になります

遺産相続では、相続人は、一身専属権を除いて全ての権利義務を包括的に承継します。
つまりは、土地や財産などの資産の他に、借金を返済する義務や、連帯保証人としての地位までも全て承継するのです。


もしも相続した財産よりも借金のほうが多い場合は、相続人の生活が破綻してしまうリスクもあります。



そのようなことがないように、借金を相続しないための制度が用意されています。

それが、「相続放棄」と「限定承認」という方法です。


まずは相続放棄について解説します。



相続放棄をすると、「相続人ではない」とみなされ、財産をいっさい受け取れない代わりに、借金や保証人としての不利な地位もいっさい承継しなくなります。

相続放棄は、死亡したことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をする必要があります。


次に、限定承認について解説します。
限定承認をすると、借金がある場合には相続した財産の範囲内でそれを支払うことができます。借金よりも相続財産のほうが多い場合には、借金を支払った後で残った財産を受け取ることができます。



借金のほうが多い場合は、相続財産の範囲内でのみ支払えばよく、相続財産を超える借金については支払わなくてもよくなります。

限定承認は、死亡を知った日から3ヶ月以内に、相続人全員の同意を得て家庭裁判所に届出をする必要があります。



遺産相続においては、単純に財産だけを受け取るのではなく、借金や、その他なんらかの債務を負っている場合にはその債務も相続してしまいます。



特に、だれかの借金の連帯保証人になっている場合などは、その書類が残っていない場合もあり、やっかいです。



遺産相続で借金を相続してしまう不安がある人は、これらの方法を知っておくといざというときに役に立つかもしれません。

    関連リンク

    • 子供のいない夫婦の遺産相続

      子供のいない主婦が気をつけなければならないのは、夫に万が一のことがあり、亡くなった場合、何もしなくても夫の遺産を相続できると勘違いしてしまうことです。夫が亡くなった場合、夫に親、または兄弟がいればそちらにも遺産相続の権利が発生します。...

      detail
    • 遺産相続と相続放棄について

      親が亡くなって遺産の事を調べたら、預貯金などのほかに借金も見つかったという場合があります。こうした時には財産だけ受け継いで借金は受け継がないという事はできません。...

      detail